CSR

MASAKI CSR活動

株式会社 正木牧場は長年に渡り、食の分野で事業をさせて頂いている特性から企業として果たすべき役割を考え、今後、食に関する分野での若手育成に貢献していきたいと考えました。

2011年11月にリエゾン・デ・ルシェルシャー・ド・グ(美味追求者の絆)という会を当時、長年にわたり、日本のフランス料理界を牽引して参りました嶋村光夫(元ロイヤルパークホテル総料理長 2017年退任)を会長に、同じく日本を代表するグランシェフ中村勝宏(当時、副会長 現会長 ホテルメトロポリタンエドモント 統括名誉総料理長)と日本とフランスとの食文化の架け橋の大役を今も担っている大沢 晴美(元 フランス料理文化センター 事務局長 当時、副会長 2014年退任、現副会長 帝国ホテル 専務執行役員総料理長 田中 健一郎)らと共に、本物の食を愛する者たちの絆を次世代に渡り、より深めていこうという思いと世界に通用する料理人・パテェシェなどを育成していくとういう主旨のもと発足させ、全面的に支援活動を開始し現在に至ります。

ページの上部へ戻る